錦織圭。

錦織選手の試合を夜は眠れず朝も起きれない程応援している者のブログです。

錦織圭、世界の頂点へ

2016年マスターズ1000シリーズマイアミオープン、一体誰がこんな展開を予想できたでしょうか…

第2シード、アンディ・マレー
第4シード、スタン・ワウリンカ
第5シード、ラファエル・ナダル
第9シード、ジョー・ウィルフライ・ツォンガ

全て、錦織圭選手が決勝に行くまでに、対戦する可能性が高いトッププレイヤー、トップスター達です…

順当にいくと、
4回戦、ランキング9位ツォンガ
準々決勝、ランキング2位マレー
準決勝、ランキング4位ワウリンカまたはランキング5位ナダル

となるはずでしたが、3回戦まで終了し、これらの選手は全て負けました!!!

そして、錦織圭はここまで圧倒的な強さでのストレート勝ち…!!!!

凄すぎる…

そして神が錦織圭に微笑みかけ過ぎている…

さらに、錦織選手の試合よりもコートの気温が上がる時刻に行なわれた、バウティスタアグート対ツォンガ、ディミトロフ対マレーの2試合は、どちらもファイナルセットまでもつれこむ大接戦でした!

マイアミの高い気温と異常な湿度の中、トップ10選手相手にロングマッチを制した、バウティスタアグートとディミトロフは多くの体力を使っています。

その点錦織選手は、体力を温存してのストレート勝ち…

シード対決で6-2、6-2ですよ、信じられますか?


錦織圭対アレクサンドル・ドルゴポロフ戦、予想通りものすごく速いテンポのラリーが激しく展開されました。

ファーストポイントから両選手共、フラット系のバックハンドでのライジングショットがコートに突き刺さり、この試合のテンポの早さの次元が違うことを感じさせました。

しかし、ストロークの安定感という点で、錦織選手の方がラリーになるとミスが少ないので、ドルゴポロフにポイントが簡単には入りませんでした。

同じタイプ、テンポの速いラリーを好む選手どおしの場合、自力に勝るプレイヤーが試合を支配する傾向があります。

ファーストゲームこそドルゴポロフのスーパープレイでゲームを落としましたが、次のゲームをブレイクバックすると、その後は錦織選手が試合の流れを支配していました。

終わってみれば6-2、6-2の圧倒的なスコアでのストレート勝ち…

恐ろしい強さです。


このトーナメント、全ての要素が錦織圭のマスターズ1000決勝進出に味方しています!!!

錦織圭、マイアミ決勝進出、ほぼ確定です。

錦織選手のマイアミオープン4回戦の開始時間は、明日3月30日の午前10時以降となります。


最後まで読んで頂きありがとうございました!