錦織圭。

錦織選手の試合を夜は眠れず朝も起きれない程応援している者のブログです。

錦織圭マイアミの実力

2016年3月27日のマイアミオープン、錦織圭選手の登場です!拍手!!!

というわけで、彼がどれだけマイアミオープンで強いか、ということを根拠に基づいて書いていきます。


1、一昨年はベスト4!昨年はベスト8!

世界4強と、8強に最近2年間入っています

これはトップ選手が1位から30位まで全て出場を義務付けられている(怪我や一回だけトップ選手が使えるパスの権利などは除く)超ハイレベルな大会では信じられないくらいすごいことです!!!

しかも一昨年破った相手が生きる伝説のロジャーフェデラーというのだから驚き桃の木です!!!

マスターズ1000シリーズのレベルの高さは選手層だけの観点から見ると、正直、グランドスラムよりも上です!

ドローを見ても、トップ50の選手がほとんどで、あとはワイルドカードという主催者推薦枠の選手と予選を勝ち上がった選手です。

しかも上位選手は2回戦からなので、1回戦があるグランドスラムよりも、初戦や次の試合にランキングが高い選手と当たる可能性が高いです!

さらにATPツアーなので3セットマッチで行われるため、足元をすくわれる上位選手も多いです。

同3月に行われていたインディアンウェルズ大会では、アンディ・マレーやスタニスラス・ワウリンカ、トマーシュ・べルディヒなどのトップ選手がベスト8に残れずに姿を消しました…

なので、なんと錦織選手と反対側の山にトップ10の選手は残りませんでした!!
(インディアンウェルズまで行って大会を買収し人類の記憶を改ざんして錦織選手を反対側の山にチェンジさせたい気分でした…。)

2、フロリダ州マイアミに拠点を置いている!

もはやマイアミオープンは、錦織圭の庭ならぬ愛車の駐車場と言っても過言ではないくらいプレーしやすい環境が整っています。

さらに!錦織選手についているご存知マイケル・チャンコーチと、長年錦織選手のことを支えているダンテ・ボッティーニコーチはアメリカ人です!!

彼らはアメリカのことを熟知しているはずです!

そして錦織選手は、小学生〜高校生を主な対象として、世界ランク1位の選手を育ててきたアメリカのIMGアカデミー・ニック・ボロデミーテニスアカデミーの出身です!

試合会場ではよくコーチ陣が映されますが、応援を味方につける策略なのかマイケルチャンコーチもダンテボッティーニコーチも、泣く子も唸る"IMG・Tシャツ"を身につけています!!

現地民族は幼児から仙人までみんな揃って錦織圭の信者です!!!

3、サーフェイスが錦織圭の最も得意な、速いハードコートである!

歴史に残る偉業である、メンフィスオープンの4連覇は見ましたか?見ましたとも!!!!

あのコートは去年までは凄まじくボールが速いハードコートでした。
そして、勝ち上がってくる選手は軒並みビックサーバーとビックリ勇者錦織圭

相手の3メートル近くの打点の大砲に怯まず突っ込んでいきます!!!

錦織選手はビックサーバーとの対戦が得意で、今年のインディアンウェルズ大会で決勝に進んだラオニッチなどにも勝ち越しています!!

なので、マイアミオープンでも強力なサーブに対してしっかりとリターンエースの山を築きあげてくれるでしょう!

昨年のマイアミオープンでのイズナー戦は、確かにイズナーのサーブも良かったですが、イズナーのこれまた大砲のようなフォアハンドが止まりませんでした。

イズナーも、「今年1番の試合だった」と振り返っているので、あんなことはまず起こりません!!

そして、記憶に新しいインディアンウェルズ大会での錦織圭が、イズナーを破り自身最高記録のベスト8に進みました!!

4、錦織圭18歳衝撃の大会最年少での自身初優勝のデルレイビーチ国際テニス選手権や日本史最大の激震全米オープンでの準優勝に共通するある、"もの"

長いタイトルのわりに内容がある"もの"となってしまいすみません…

これは、マイアミでの錦織圭選手のプレーを見ていると、「もうボコボコなのに、まだいじめる気なのか(;´Д`A 」と対戦相手が萎えるくらいに錦織選手がハードヒットしているという事実です!

サーブ打ったらはい強打、サーブ打たれたらはい強打、しかもそれをベースラインよりも内側で行っています。

こんなことされたら対戦相手は笑うしかないでしょう。

2014年全米でのノバク・ジョコビッチも笑っていました(ジョコビッチはよくわからないところでよく笑う選手ですが)

2008年や2014年に起きた革命を、錦織圭がまた起こす可能性が大いにある大会、それがマイアミオープンです!!


大丈夫です。必ず錦織選手はマイアミでいい結果を残します!!!!

最後まで読んで頂きありがとうございます!


☝︎クリックして応援して頂けたら幸いです