読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦織圭。

錦織選手の試合を夜は眠れず朝も起きれない程応援している者のブログです。

初戦から激戦必至のマドリードオープン!


明日、錦織選手の2回戦の相手が決まります。


ファビオ・フォニーニとバーナード・トミックの試合の勝者で、トミックは若手の最有望株の1人、フォニーニは安定して上位に入っているイタリアの英雄です!


2人ともTOP30の選手で粘り強いストローカーなので、クレーコートの力があります。


グランドスラムならシード選手の2人のどちらかと初戦から試合なので、錦織選手も相当気を引き締めているでしょう。


初戦から激しいストローク戦が展開されるはずです!すごく楽しみですね!!


2016年5月3日、フォニーニとトミックの試合が行われ、5月4日にその勝者と錦織の試合が行われます。



錦織選手を全力で応援しましょう!



最後まで読んで頂きありがとうございます!

5月4日、錦織選手が登場です!


スペインマドリードで行われる、マスターズ1000シリーズの第4戦目、マドリードオープン。


マスターズ第2戦のマイアミオープンで準優勝し
王者との決勝を戦った錦織選手!


マスターズ第3戦のモンテカルロオープンは毎年欠場しているので、マスターズ決勝後のマスターズとなります。


錦織選手の登場は、5月4日で、一回戦の、22位バーナード・トミック対30位ファビオ・フォニーニの勝者との対戦です。


正直、2選手とも、初戦の相手としてはすごく厳しい選手です。


今年数回しかない、錦織選手の負けの1つが、バーナード・トミックです。


ブリスベン国際では悔しい思いをしました。


ファビオ・フォニーニはクレーコートのスペシャリストで、バルセロナオープンではナダルに引けをとらないプレーもしていました。


錦織選手の真価が、初戦から問われます!


錦織選手を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

5月22日から、全仏オープン開幕


↑ユニクロより

次のグランドスラム、全仏オープン!


錦織選手の活躍がすごく楽しみですね〜


この大会は、ドロー運がかなり左右すると思います。


やはり、準準決勝で当たりたくないのが、ノバク・ジョコビッチとラファエルナダル。


この2人は、実力もさることながら、全仏のタイトルへの執念がすごいので、準準決勝で当たると消耗戦は必死です。


ベストなのは、準準決勝でナダルとジョコビッチが戦って、錦織選手はこの試合の勝者と決勝まで当たらないことですね。


グランドスラムは2週間にわたり、体力面を考え、ドロー運が必要となっきます。


グランドスラムでの獲得ポイントは、マスターズ1000の2倍と破格なので、この大会は絶対に勝ちたいですね。


錦織選手を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!




スポンサーリンク


錦織選手のナダル戦を見て、

2016年4月に行われた、バルセロナオープン決勝戦をもう一度見直しました。


バルセロナオープン決勝戦は、本当に各セットの最後の少しだけの差でしたね。


特に第2セット、1-4から4-4に追いついた場面は圧巻でした。


錦織選手は本当に強い選手になったと思いました!


デビスカップのアンディ・マレー戦でも、同じような粘りがありました。


錦織選手は絶対に諦めない選手ですが、この頃ではそれがプレーの質に直結しています。


第2セットの最後、それまで攻めまくっていたナダルが急にディフェンスに徹しました。

エッグボールを打ち続け、錦織選手にプレッシャーをかけ4本連続でミスショットとなりました。


マイケル・チャンコーチが錦織選手にいつも言っている、攻めさせてとるポイントをナダル選手にされてしまいました。


クレーコートの王者の底力を見ました。


あの場面で焦らずにポイントを組み立てていれば、試合はわからなかったでしょう。


最後の選択が少しリスキーだと感じたこと以外は、大きな差は感じませんでした。


今後の錦織選手の活躍を応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク


錦織選手次の試合はマスターズ1000!


錦織選手の次の試合は、2016年5月2日から開催されるマドリードオープン!


クレーコートシーズン、いきなりのファイナリストで勢いに乗る錦織選手!


決勝戦は負けてはしまいましたが、最高に調子のいいクレーコートのナダルに対して、2セットとも劣勢から追いついた実力は本物です。


クレーコート最強の選手に対してあそこまでやれたので、アンフォースドエラーが多いプレーを修正できれば今後もチャンスはたくさんあるでしょう。


錦織選手を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


錦織選手バルセロナオープン決勝


壮絶な死闘の末、勝利したのはラファエル・ナダル選手でした。


スコアは、6-4、7-5です。


たくさん思うところはありますが、まず、錦織選手お疲れ様でした、と思います。


2大会連続決勝進出です。最高にレベルの高いプレーを見せて頂きました。



試合の序盤から、バルセロナオープンのここまでの試合とは別格の試合でした。


ここまでレベルが高い決勝戦を拝むことができて光栄です。


ナダル選手も錦織選手も、ここまでのトーナメントで力を6割も出してなかったようです。


試合序盤から、ボールがお互いに深く、今までの試合だったら何本か前で決まっていたと思われるショットの応酬でした。


その中でも大きく分けると、空間を奪って攻めるナダル、時間を奪って攻める錦織選手という構図になりましたが、コートがクレーコートで時間を奪うプレーの方が不利なため、その分錦織選手にプレッシャーがかかり、アンフォースドエラーが増えました。


錦織選手も空間を奪うプレーは神業的にうまいです。


しかし、ラファエル・ナダルという選手は間違いなく、空間を奪うプレーでは、群を抜いて歴史上最強でしょう。


だから、ナダルは歴史上最強のクレーコーターで、ジョコビッチもフェデラーもほとんど勝てないのです。


空間を奪うテニスではナダルが最強、時間を奪うプレーは、クレーコートでデフェンスされてしまいます。


そして、難しいプレーをたくさんさせられて、錦織選手のエラー数がナダルの約2倍に達しました。


ストロークエースは、錦織選手が約1.5倍でしたが、エラーの数を考えるとポイントはナダルの方が多く入りました。


錦織選手は、最高のプレーをしました。


しかしナダルも、最高のプレーをしました。


ナダルは地元スペイン、クレーコートで負けないプレーをしてきます。


錦織選手も、この壁にぶつかりました。


10年以上前から、フェデラーがナダルのクレーの壁に涙をのみ、今はジョコビッチがナダルのクレーの壁を崩せるかが焦点となっています。


錦織選手も、その壁を意識するレベルに達したということでしょう。


マイアミの決勝は、今ピークを迎える1位ジョコビッチ、バルセロナの決勝はそのジョコビッチを凌ぐレベルのクレーキングナダルでした。


この壁を越える日は、必ず来ます!


まだ錦織選手は強くなります。


今の男子テニスのピークは、28〜29歳あたりです。


錦織選手は、まだ26歳。


対してナダル、ジョコビッチは29歳、28歳です。


2年後、立場が逆転する可能性はあります!


錦織選手を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク


因縁の相手、ペールに格の違いを見せた!


2016年4月23日、バルセロナオープンで錦織選手が第6シード、ブノワ・ペールに6-3、6-2のスコアで圧勝しました!


試合前からですね、錦織選手の表情の険しさと言ったら…


それもそのはず、相手はあのペールです。


2015年シーズン、前年準優勝で期待がかかる全米オープンの初戦で、ペールにまさかの負け、さらに日本国民の期待がかかる楽天ジャパンオープンでも連敗してしまい、記者会見で謝るという事態に…


謝る必要はないと思いましたけどね、全力で戦ってるんですから。


しかし、錦織選手は責任を感じ、日本のテニスファンと錦織選手はこの上なく悔しい思いをしました。


この日の錦織選手は、ペールに対して最初から、まるで親の仇のような険しい表情でした。


マイケル・チャンコーチはいつも通り険しい表情でしたが 笑


試合開始直後から、いつもよりプレーのレベルを上げて入ったように見える錦織選手。


2-2まではペールのサーブとバックハンドが良くキープキープでしたが、次のゲームでペールに重圧をかけブレイクに成功すると、そこからは流れをつかみ、さらにもう1つブレイクして6-3で圧倒します。


次のセットも序盤から圧倒し、2セット目も6-2という一方的なスコアでの快勝でした。


この試合だけは絶対に勝ってほしいという、日本のテニスファンの方々がたくさんいらっしゃったと思いますが、私も錦織選手が完勝してくれて全力で嬉しいです!!!


ペールが悪夢に出てくるレベルのショックでしたからね、昨年は。


この試合で、錦織選手はさらなる高みへの階段をのぼりました。


そしてたどり着いた、歴史上最強のクレーコーター、ラファエル・ナダルとの決勝戦!


フェデラーを阻み続け、ジョコビッチが未だ全仏オープンをとれない理由は、赤土で最強の男がいるからです。


試合日時は、4月24日24時30分(4月25日0時30分)、


試合放送時間は、日本時間24時30分から予定されています。


バルセロナオープン3連覇へ。


クレーキング・ナダルとの試合が楽しみです!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


錦織選手激しい打ち合いを制す!!

2016年4月22日バルセロナオープンで、錦織選手が第11シードのアレクサンドル・ドルゴポロフとの試合に勝利しました!お見事!!


第一セットから、お互い一歩も譲らない熾烈な攻防が繰り広げられます!


ドルゴポロフから見て5-4、錦織選手のサービスゲームの時に、4度のセットポイントのピンチが訪れます…!


どんなボールでもとにかく強打!強打!のドルゴポロフ…


それを、超人的なフットワークと巧みな配球でなんとか凌ぎ、5-5とします!


激しいロングゲームを制した錦織選手、次のドルゴポロフのサービスゲームをブレイクすると、その勢いのままドルゴポロフに1ゲームも与えず、驚愕の8ゲーム連取です!!!


スコアは、7-5、6-0でした!


ドルゴポロフもとてもいいプレーをしていましたが、錦織選手の現在のプレーは格が違いました。


錦織選手は、終盤になればなるほど力を増すプレイヤーです。


1セット目に120パーセントのプレーでドルゴポロフがとりにきたのを、錦織選手は60パーセントほどの力でものにしてしまいました!


2セット目以降は錦織選手のプレーのレベルが上がるので、最終的には大きな差となって現れました。


今の錦織選手はここまで強いのか…と、私も驚かされました!



そして、次の対戦相手は、錦織選手にとっての2015年シーズン最悪の天敵、第6シードのブノワ・ペールです。


全米オープン1回戦で敗れ、さらに錦織選手のホーム、楽天ジャパンオープンでも敗れ2連敗しました…


準優勝、優勝のポイントを一気に失い、世界ランキングは4位から8位へ後退…


今こそ、その雪辱を晴らすべき時です!!


絶対に勝ちたい、天敵ブノワ・ペール戦、


本日2016年4月23日土曜日20時30分以降に試合があり、
放送時間は、GAORAで20時28分以降、
BS朝日で20時以降となります!


今年はワウリンカを破りトップ20に入るなど、勢いのあるペール。


錦織選手の勝利を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク


錦織選手3回戦快勝!


2016年4月21日、バルセロナオープン3回戦、シード対決、世界ランク33位のジェレミー・シャルディとの試合、錦織選手快勝です!


スコアは6-3、7-5で、ストレート勝ちをおさめました!


シャルディは強力なサーブとフォアハンドを武器とする選手で、錦織選手との試合でとてもいいプレーをしていました。


回り込んでのフォアハンドのストレートは特に強力で、相当自信を持ってハードヒットしてきました!


試合序盤はこのショットが決まっていましたが、中盤から錦織選手がコースを読み始め、そのショットをさらにクロスに切り返しはじめると、シャルディにプレッシャーがかかりました。


錦織選手の、この試合の相手の打つコースの予測は、すごかったです!


アナウンサーも解説者も何度も唸っていました!


錦織選手のボールの伸び、読みの良さが光った試合でしたね〜


相手にはコースを読ませず、相手のコースを読む…


これが世界のトップの力かと感激しました!


その上、ボールに伸びがあってとても鋭いんですよ!


バックハンドのフラット系のクロス、ストレートが何度決まったことか…!


今の錦織選手のプレーは"圧巻"の一言につきます!


次の対戦相手は、第11シード、アレクサンドル・ドルゴポロフです!


第5シード、地元スペインのバウティスタ・アグートは初戦敗退しました。


地元勢でシード上位のバウティスタ・アグートが負けたのは大きいです!


しかし、ドルゴポロフもあなどれない相手なので、楽しみな試合ですね!


1番最近の対戦では、錦織選手が6-2、6-2で圧勝でした。




試合開始日は、
本日4月22日金曜日、

試合開始時刻は、
GAORAで19時30分以降の生放送、
BS朝日で23時以降の録画放送となります。


錦織選手の試合を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!


スポンサーリンク


クレーシーズン初戦、錦織圭完勝!


2016年4月20日、ATPツアー500バルセロナオープンで、錦織選手が初戦を完勝しました!
お見事!!


相手はオランダのデ=バッカーで101位のプレイヤーでしたが、それにしても格の違いを見せつけました!


スコアは6-4、6-2の完勝で、全く危なげのない勝利です!


緩いテンションのガットで、ボールがよく飛ぶのもあってか、錦織選手の打ったボールはものすごく伸びていました。


ボールがよく反発し回転がかかりづらいはずなのに、フラットに近いスピードのボールでサービスライン内側にコントロールするアングルショットは神業の域です!


また、長い距離を走っても体勢が全く崩れず、今年のベストプレー候補と言ってもいいくらいのスーパーロブも炸裂しました!!


これは放送で何度も流れるであろうスーパーショットです!



着実にトップへの道を歩んでいる錦織選手。


次の試合の放送予定は、


GAORAで生中継されることが決定し、4月21日木曜日、21時30分以降、
BS朝日で録画放送、
4月21日木曜日、23時以降となっております!


これからの錦織選手の活躍が楽しみすぎますね!!


準決勝で、昨年錦織選手をもっとも苦しめた、ブノワ・ペール、
決勝で、前世界ランク1位、クレーキング、ラファエル・ナダルと対戦の可能性が高いです。


今現在の調子、実力において、ジョコビッチに次ぐレベルのプレーをしていると言われることもある錦織選手!


錦織選手の今後の活躍から目が離せません!



錦織選手を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


錦織選手のクレーシーズン開幕!

本日の日本時間20時半、錦織選手のクレーシーズン開幕です!

相手は、世界ランク101位のティエモ・デ=バッカーで、過去の対戦は一度だけで、その時は6-3、6-0で圧倒しています!


錦織選手なら、難なく初戦突破でしょう!


ガスケ、ペール、ナダルと、錦織選手に対して試合を有利に進めてきたプレイヤーの多いバルセロナオープン。


追記:リシャール・ガスケ選手は棄権しました。

錦織選手が準決勝、決勝で勝利することを期待しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!


スポンサーリンク


錦織選手の天敵2人

2016年4月20日水曜日、バルセロナオープンで錦織選手が登場です!

錦織選手は、第2シードでエントリーで、順当に行くと、

3回戦、第13シード、ジェレミー・シャルディ


準々決勝、第5シード、ロベルト・バウティスタアグート


準決勝、第4シード、リシャール・ガスケ


決勝、第1シード、ラファエル・ナダル


となるわけですが、決勝に行くまでに天敵が2人います…


1人は、準決勝であたるであろう、リシャール・ガスケです!


世界ランク10位、天才と言われるリシャール・ガスケは、ここまで、錦織選手に6連勝中です…


高く弾むスピンボールや、天性の緩急に相性が悪いようです…


もう1人は、昨年後半、錦織選手がランキングを落とした元凶の、ブノワ・ペールです。


全米オープン1回戦、楽天オープン準決勝と、錦織選手が2014年に活躍した大会でことごとく錦織選手を苦しめました…


ペールさえいなければ、錦織選手のランキングが落ちることはなかったと思う方は多いはずです。


おそらく、準決勝ではこの両者のどちらかと対戦することになります…


苦戦は必須でしょう。


しかし私は、すごく楽しみです!


今の錦織選手は、自信に満ち溢れています!


この機会に、ガスケやペールを倒し、これまでのリベンジを果たして欲しいです!


全力で錦織選手を応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


錦織圭出場バルセロナオープン対戦相手


2016年4月18日から開催される、スペイン・バルセロナオープンのトーナメント表です!


錦織選手は第2シードとなりました!


今年も優勝の期待がかかります!


1回戦は第2シードのため不戦勝で、2回戦からの出場となります!


2回戦、ティエモ・デ=バッカーとイライアス・イマーとの勝者と対戦。どちらもランキング100位以降。


順当に行くと、
3回戦、第13シード、ジェレミー・シャルディ


準々決勝、第5シード、ロベルト・バウティスタアグート


準決勝、第4シード、リシャール・ガスケ


決勝、第1シード、ラファエル・ナダル


となります。


錦織選手の当たる可能性の高いシード選手が、全員スペイン勢とフランス勢ですね…


スペインもフランスもクレーコート大国で、クレーコート育ちの選手が多いので、とてもハードな戦いになることが予想されます…


錦織選手は1回戦が免除となっていたため、試合日程がずれ、4月20日水曜日に初戦となります!


BS朝日と、スカパー!GAORAで初戦から、放送予定があります!

追記:準々決勝からしか放送はありませんでした
申し訳ありません

錦織選手を全力で応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク


錦織選手と死闘を演じた両雄が決勝へ

2016年4月10日から行われ、本日決勝が行われるモンテカルロ・ロレックス・マスターズ。


錦織選手は毎年この大会に出場せず、この先のクレーシーズンに備えて練習しています。


ジョコビッチが3年ぶりに初戦敗退するという、大波乱の今大会、前マスターズ大会のファイナリスト、ジョコビッチと錦織選手はいません。


決勝に勝ち上がったのは、ガエル・モンフィスとラファエル・ナダルです!


モンフィスといえば、錦織選手がこの前まで戦った、マイアミオープン準々決勝で、5度のマッチポイントをしのぎ勝利した相手です!

やはり、今のモンフィスはものすごく強かったのですね、マスターズ決勝まで上がってくるとは…

そしてもう1人は、クレーキング、ラファエル・ナダルです!


世界ランク2位のアンディ・マレーを最後は寄せつけず、圧巻の強さを見せました!


錦織選手はナダルに今期最初のマスターズ、インディアンウェルズ大会で負けているので、次に行われるバルセロナオープンの決勝で倒したいですね!


錦織選手が今年のマスターズで戦った相手は、今季のマスターズ決勝に上がってくるレベルの強者でした。


特に、最高のレベルで戦ったモンフィス戦に勝利したことは、大きな自信になると思います!


史上最年少でグランドスラム・全仏オープンで優勝した、マイケル・チャンをコーチにつけている錦織選手!


ジョコビッチ、ナダルの壁を突破して、錦織選手が全仏オープン、ローランギャロスの赤土を制すことを期待しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!


スポンサーリンク



錦織圭選手の今年の強さ


錦織選手のツアー大会での成績は、一年ごとに好調、やや不調を繰り返しています。

錦織選手大躍進の年、2014年は、ビック4を何回も倒し、世界ランクトップ5に入り、グランドスラム準優勝、ツアー大会連続優勝、ツアーファイナル出場と、今までとは別次元のレベルで戦いました。


ランキングが17位から5位まで上がったことが、その凄さを物語っていると思います。


そして2015年、後半はとても苦しみました。


本来の勝負強さが影を潜め、試合を勝ちきることが出来なくなっていました。


しかしそれでも、自身最高の世界ランク4位の達成、ナダルを倒す、メンフィスの3連覇、バルセロナ2連覇と、快挙はいくつも成し遂げました!


なにより最も重要だったのが、世界ランクトップ8に残ったことです!


そしてツアーファイナルに2年連続で出場し、フェデラーと超1流の試合をしました!


活躍した次の年にそのレベルを保つことが最も大切なことですが、錦織選手はトップ8に残ったので、十分にレベルを保ったと言えるでしょう。


マイケル・チャンさんは、グランドスラムで優勝した年は世界ランク5位でしたが、次の年は世界ランク15位まで後退してしまいました。


ツアーファイナルに2014年に初出場したメンバーで、2015年も出場できたのは錦織選手だけです。


そして、2016年!


大躍進、やや不調を繰り返す錦織選手の、大躍進の年です!!


メンフィス4連覇、マイアミのマスターズ準優勝、インディアンウェルズマスターズ過去最高のベスト8と、今年すでに結果を残しています!


全豪オープン、マイアミのマスターズは、ジョコビッチに負けています。


基本的に、ジョコビッチに負けるのは現時点では全ての選手がどうしようもないことなので、ノーカウントでいいと思います。


ただ、先週、そのジョコビッチもマスターズという大舞台で初戦敗退をし、今期初めて負けたので、今までよりはチャンスが出てきます。


マイアミ大会終了時、今年の錦織選手のツアー成績は世界3位です。


このペースで勝ち続ければ、世界ランクTOP5入りは確実で、マスターズ、グランドスラム優勝のチャンスも十分にあります!!


今期の錦織選手は伝説を作ります!


全力で錦織選手を応援しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク